出産年齢が上昇しつつある現代、年齢が高くなるまで一人も産んでいない女性が沢山いる時代になってきました。これは、人類がこれまでに経験してこなかった事だと言えます。

だからこそ、自分が思っているよりも早くから妊娠しにくくなっている事に驚きを隠せないという人も多いのではないかと思います。

日本女性は、祖母や母親世代よりも早くに妊娠力を失ってしまっているのかもしれません。

「じゃあピルを服用すれば昔の女性と同じような状態にできるんじゃないのか」と考える人も勿論いる事でしょう。ピルというのは、排卵を抑制するので確かに婦人科疾患の予防にはなると思います。しかし、妊娠で起きる変化すべてをピルでどうにかするという事は出来ません。

バースコントロールの影響なしに年齢による違いを見るもう一つの方法としてART(体外受精・顕微授精などの生殖補助医療の総称)の年齢別の成績に見るという方法が挙げられ、こちらはかなり厳しい数字になっています。

日本産科婦人科学会のデータによると、ART1回当たりの出生率は30代はじめまで下がりません。

約2割の状態で安定しています。これが40歳になると1割を切り、45歳では1%にまで下がってしまうのです。年齢が上がるとともに子どもが生まれにくくなる要因の内の1つに、流産が多い事も挙げられます。

このデータを見ても、43歳では半数、40代後半では約8割が妊娠しても流産となってしまっているという報告も上がっており、その為に出産に結びつきにくくなっているのだと考えられます。

とはいえ、これは1回あたりの出産率になります。体外受精は、何度か繰り返せば累積の出産率は上がっていきます。また、これは全国平均ですが、妊娠率の高い専門施設では出産できる割合はもっと高くなっているようです。しかしながら、1回あたりの成功率があまりに低い年齢になると、そういった差もあまりなくなってしまうと言えます。