アンチエイジングなどと言って、老化と闘う宣言を行う、アラフィフ、アラサ―世代の人々にとって、何が重要となるかと言うと、まずは、見た目の若さなのではないでしょうか?「老化」は、見た目だけでなく、皆さんの体内にも確実にやってくるものなのです。では、どのような形で、アンチエイジングを行うべきなのかと言いますと、バランスの取れた食事、十分な睡眠、適度な運動は、もちろんなのですが、「喫煙」は、何よりも健康を維持する為には、NGな要素として考えられているようです。アンチエイジングの項目としては、お肌のシワ、シミ、たるみ、頭髪の脱毛、薄毛、白髪などがあげられますが、これらの項目のいずれかにも、「喫煙」はNGであると言えるようです。まさに、「喫煙」は、百害あって一利なしとは、アンチエイジングの老化対策にも言えるようです。「喫煙」は、タバコを吸う人の血管を収縮させて、血流を悪くさせる事がデータとして報告されています。血の巡りが滞る事で、身体のあらゆる機能への負担や影響が出てくる事が考えられます。また、たばこに含まれる【タール】や、【ニコチン】の成分も体内に悪影響を及ぼす成分であるとも言われています。「喫煙」は、吸う人以外にも、副流煙によって、タバコを吸わない周囲の人々にも、健康被害を与え、歩きタバコなどで、幼児や乳児らが受動喫煙の被害に遭っているようなケースもあり、国内の主な都市では、路上喫煙に関しての罰則を設け、大幅な規制を行っています。受動喫煙の被害は、幼児や乳児、高齢者などへの影響の他、妊婦への影響も大きく懸念されています。妊娠している母体への影響だけでなく、胎内にいる赤ちゃんへの悪影響も大きく取り上げられています。妊娠中の喫煙は、胎内の赤ちゃんの発達障害を招いたり、流産や早産の可能性を指摘するような報告もあげられています。皆さんも、健康的な暮らしを考える上で、「喫煙」について、今一度、考えてみましょう。